フランクミュラーの歴史

フランクミュラー、黄金の手を持つ男として知られる、フランクミュラー
フランクミュラーは10年以上にわたってスイス時計の偉大な伝統の復興に取り組む。


 フランクミュラーの歴史。

 フランクミュラー(franck muller)1958年、スイス、ラ・ショード・フォンで生まれる。
フランクミュラーは幼い頃から精密機械をイタリア人の母から教わる。

 フランクミュラーはジュネーブの時計学校在学中から、有名で、時計技術の様々な賞を獲得。さらに卒業制作でrolexロレックスに独自の技術「永久カレンダー機能」を導入したという天才的な逸話をもつフランクミュラーだった。



 また、フランクミュラーは3年かかる技術を1年で習得し、創立以来ナンバーワンの成績で卒業。
18世紀の天才ブレゲの再来とまで言われた。





 1986年フランスのジュラ山脈のジェクス地方のジャントでフランクミュラーは、世界初の新しい複雑時計トゥールビヨンを発表。
フフランクミュラーはこの時計で世界中の度肝を抜き、完全オーダーメイドでフランクミュラーの時計を製作していた。



 1992年、フランクミュラーは自分の会社「フランクミュラー」を設立。
そしてフランクミュラーは世界初の機能を3つを組み込んだ時計を発表。


 フランクミュラーの作品は、技術的、芸術的に高く評価され、世界中の時計ファンを瞬く間に魅了。

 フランクミュラーの人気の高さに生産が追いつかず、今や、若い女性や世界の有名女優・トップモデル、そして本物志向の時計好きに溺愛されるブランド・フランクミュラーに成長しました。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。